仕事紹介

鮮魚部SV

吉田 武

Takeshi Yoshida

入社動機は?

私が子供の頃よくヨークベニマルへ買い物へ連れて行ってもらっていました。常に身近な存在でしたが、学生時代に生活していたところにはヨークベニマルがありませんでした。そんな中、就職活動していた私は小売と接客に興味があり地元に戻って仕事をするならヨークベニマルと自然な流れで採用へ応募しました。

現在の仕事内容は?

全部で13ゾーンに分かれる中の1ゾーンの鮮魚部門の数値管理が仕事です。毎週お店を回り、マネジャーやメンバーさんと情報を共有して、そのお店の課題の改善へのアドバイスを行います。また、お店の困り事やお客様の要望を吸い上げ本部へ伝えます。お店と本部の架け橋となる重要な仕事だと感じています。

仕事のやりがいや面白さとは?

担当するゾーンのお店の課題を分析し、マネジャーや店長を情報を共有しながら改善を進めます。お店と掲げた目標に向かって数値の改善を実施し、その結果数値の改善に結びついた時はもちろんですが、数値の改善は人が成長した証です。その結果が得られたとき、一番のやりがいを感じます。

仕事で苦労したことはありますか?

やはり、数値の改善がなかなか進まない時です。なぜ結果に結びつかないのか悩みます。しかしそこには必ず理由があります。それをお店と一緒に考えて、次の手を打つわけですが、こちら側の考えが伝わらなかったり、理解していただけない場合もあります。それをどう理解して、実行してもらえるかは相手や場面で異なる為、苦労する点です。

将来の夢は?

まずは今のSVという仕事をレベルアップさせる事が次の仕事へつながると考えています。商品の知識や技術、情報の分析や人とのかかわりです。こういった仕事のレベルを上げここで学んだ事を生かせる仕事ができればと考えています。しかし、ヨークベニマルに勤める以上はお店の店長は憧れの一つです。

みなさんへメッセージをお願いします

ヨークベニマルは人を育てる会社だと感じています。教育には時間とお金を惜しまず、そのお陰で今の私がいると感じています。そして、そこで得た物を発揮できる環境もどんどん与えてくれる、やりがいを感じる職場です。先程もお話ししましたが、そうして、人とともに成長する会社がヨークベニマルです。

一覧にもどる